ガス会社を切り替えるには乗り換え先のサイトから手続きをおこなうことになります。

またその際現在利用している会社の「お客様番号」と「供給地点番号」等の情報が必要になりますので、手元に「検針票」を用意しておきましょう。その他は住所や現在契約中のプラン等を入力するだけで、10分もあれば終了します。尚、これまで契約していた会社に対して切り替えに関する連絡をおこなう必要はありません。乗り換え先の会社が解約手続きを代行してくれます。そして申し込みが完了すると、後日乗り換え先の会社より切替日の通知が届きます。

これをもって切り替え完了です。工事の必要もありませんし、拍子抜けするほど簡単に新会社へと移行されることになります。また新しくガス会社を選定する際にはインターネットを活用すると、ガス自由化に参入した企業名とその価格に関する一覧表が簡単に手に入ります。電気やネット回線等他のサービスとの「セット契約」を希望する人もいることと思われます。どの会社を選ぶのが最良の選択になるのかは各々の条件により異なってきますので、よく考えて最も料金節約につながる会社を選びましょう。

ただし注意したいのが、地域によってはせっかく自由化されたのに他の会社への乗り換えが不可能な状況にあるということです。理由は中小企業のガス会社の多くが自由化に新規参入していないことにあります。ガス会社は全国に200社以上点在していますが中小企業の会社が占める割合が非常に大きく、そういった中小規模の会社が管轄しているエリアにおいてはこういう現象がおこってしまうのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *