最近はどんどんとエネルギー源の自由化が進んでいて、個人でもエネルギー源の選択をすることが出来るようになって来ているので、自分がメリットを感じる事が出来るのであれば、思い切ってガス会社の切り替えという事をしてもいいでしょう。

これが家計が楽なる事もありますし、より質の高いサービスを受けられるようになる可能性も高くなる事もあります。そして、このようなガス会社の切り替えを多くの人がするようになると、状況は一気に変わる事も考えられます。ガス会社を含めたサービスの質が大きく上がってきたり、料金が大きく下がってくるという事も考えられるというわけです。ガス会社は自分達を選択してもらう事が出来るように必死になると考えられますし、当然料金やサービスで様々な努力をすることになるでしょう。

何しろ自社を選んでもらう事が出来なければ、それで収入は激減するということにもなってしまいます。ですから、この切り替えというのは、企業に競争原理が働いているという事を自覚してもらう為の目覚ましともなるというわけです。これまでのこの業界は安全地帯かのように、この競争原理からはかけ離れていたので、様々なサービスが向上することはありませんでした。

企業にとって変化というのはリスクでもありますから、現状で問題が無いのであれば、それを変えていくという事はする必要もないのです。ですが、実際に競争原理が働く市場となってしまえば、常に努力をしなければならない状況となります。ですから、この切り替えという事には大きな意味があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *