家庭で使われる熱源に使われるものとしては可燃性ガスがありますが、その供給方法としてはプロパンガスと都市ガスの2種類があります。

一般的なイメージでの違いはプロパンガスはボンベに詰めて配送されるのに対して、都市ガスはガス管を通じて供給されます。しかし、実際には届くまでの違い以外にもそれぞれに特徴があります。プロパンガスの場合には、ガスの主成分はブタンや名称にあるプロパンが使われており液化したガスが充填されています。メリットとしては熱量が高く、配管するさいにも初期費用が安くて済みます。

また自由料金制のため業者と料金交渉ができます。さらにボンベで供給されているので災害時でも家庭の配管にダメージがなければ使用することができます。都市ガスの場合には、ガスの主成分はメタンで天然ガスが使われています。ガス管を通じて供給されるのでプロパンガスよりも料金が安いものの配管が通じている地域でしか利用できません。

ガスの成分から熱量も低いもので、また配管から家庭まで引き込むための費用が高く、災害時に配管が破損した場合には復旧が遅いといったことなどがデメリットです。ただ都市ガスは、料金が安く機器の仕組みも単純で済むため電気と比べても全体のコストで見れば割安です。違いとしては供給方法と配送方法ですが、安さだけであれば都市ガスにメリットがありますが、供給エリアではない場合や料理の時に火力を重視する、また災害時でも最低限の熱源を確保したい場合にはプロパンガスが強みがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *