家庭内で利用できるガスには2種類があり、プロパンガスと都市ガスに分けることができます。

使い方は同じなのであまり大きな違いを感じることが無いものですが、実際には似ていながらも異なる部分がいくつもあります。プロパンガスはブタンを主に使っている液化石油ガスです。都市ガスはメタンで作られている天然ガスになります。これだけでは明確な違いは感じられないという方に向けての情報では、プロパンは液体状でボンベに入れられた状態で輸送されてきます。

都市ガスの場合では気体状のものをそのまま利用することが基礎的な内容です。プロパンは使用する際に気体になって家庭内に供給されますが、それまでの過程が異なっています。ガス漏れを起こしてしまった際に役立つという大切な情報も欠かせません。プロパンガスは空気よりも重く作られているので、漏れてしまった際には室内の床面に蓄積されてしまいます。都市ガスの場合は真逆になり、空気よりも軽い気体になるので、漏れてしまうと天井付近にたまります。

このことから、万が一にガス漏れが発生した際には、プロパンガスをご利用であれば掃出し窓を開けてほうきなどで屋外に出すこと、都市ガスの場合は換気を上手く行うことで問題を解消させることができます。このような基本的な違いはありますが、プロパンガスの場合は簡易ガスではない限り、配管は全て地上に設置されています。大きな都市部で利用されているガスの場合は、地中に埋められた埋設管から供給される方法なので設備に対しての違いも基礎的な内容です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *