同じように家庭で使用されているガスでも、プロパンガスと都市ガスには違いがあります。

まず原料ですが、プロパンガスは液化石油ガスでプロパンやブタンを主成分としています。一方、都市ガスは天然ガスで主成分はメタンです。どちらも、輸入の割合が多いです。また、供給の仕方も違っていて、プロパンガスは液体のままでボンベに入れられて各家庭に運ばれ、気体にした状態で利用されます。都市ガスの場合は、気体にした状態でガス管を通じて各家庭に供給されます。この供給の仕方の違いによって災害時の復旧の早さも異なるのです。

性質にも違いがあり、プロパンガスはマイナス42度に冷却されると液体になって体積が250分の1になります。そのため、液体の状態でボンベに詰められます。一方、都市ガスはマイナス162度に冷却されたときに液体となり体積が600分の1になるので、液体の状態で大量に輸入して貯蔵できるのです。このように、どちらも冷却されると体積が小さくなる性質が供給や輸入の際に役に立っています。重さの違いもあります。

プロパンガスは空気よりも重くて床などの低い方へ溜まります。もし、ガス漏れのときは窓やドアを開けてホウキなどでガスを外に掃き出すようにしましょう。都市ガスの場合は空気よりも軽いので家の天井などの上の方に向かって上昇し、空気中へ拡散されるので、窓を開けて換気することでガスを外へ出します。どちらのガスも本来は無臭ですが安全のために臭いが付けてあります。ガス漏れに気がついたときの対処の仕方が異なるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *