プロパンガスとはブタンやプロパンが主成分となっているガスです。

液化したガスを充てんしたポンプを使用することでどこでも使いやすいのが特徴です。料金は販売店によって異なっており、低価格のところを探すことも出来ます。プロパンガスの大きな特徴として都市ガスに比べて熱量が高いこと、初期費用が安いこと、復旧が早いことなどが挙げられます。しかし、使用の際の料金についてはある程度高く、プロパンガスがどうしても必要という場合以外はそれほど使われていないのが実際のところです。

都市ガスはメタンを主成分としている天然ガスです。地価のガス導管を通じて各契約者の家庭まで届けられます。公共料金となっているため、ガス代については安めとなっていますが、ガス導管が通っていないところでは使うことが出来ません。都市ガスの最大の特徴は料金が安いことと、安全性が高いことです。ただし、熱量が少し低いので料理店などではプロパンガスが用いられていることが多くなっています。

違いはいくつかありますが、いずれも一般家庭で使う際にはそれほど大きなものではありません。ただし、料金の違いは長い目で見るとそれなりに大きなものになる可能性もあります。ガス自由化により、利用者の選択肢は増えました。違いを見直して自分の家にとってどちらが良いのか検討するのも良いかもしれません。セットで安くなるプランを用意しているケースも多く、契約次第でお得になる可能性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *