ガスには都市ガスとプロパンガスがありますが、いずれにしても利用するからには料金がかかります。

けどその料金設定の基本的な考えは異なっています。都市ガスの場合は基本的には総括原価方式による規制料金でした。さらに他所の会社を選ぶことすらできませんでした。今では自由化されているのでどこの会社を選んでも勝手です。けど都市ガスの場合は莫大な初期投資をして地中に埋設した配管を通じて供給されるので、新規参入する会社は既存の会社の配管を借りなければなりません。これが新規参入の大きなハードルとなっています。

この大きなハードルのために新規参入会社はほとんど生まれないし、切り替えても既存会社より安くなりにくい状況が多いので、切り替える消費者もほとんど出ませんでした。一方でプロパンガスの場合はボンベにガスを充てんして運搬するので、都市ガスのようなハードルの高さはありません。従って多くの会社が競争することが可能です。ガス料金の価格も許認可の規制価格ではなくて最初から自由価格制度が導入されています。

なのでその気になれば生活のために会社間の料金を比較して値段の低いほうを選ぶこともできます。しかしプロパンガスの最大の難点は都市ガスに比べて割高傾向なことです。割高傾向は地域や使用量などによって違いますが、約2倍前後になるともいわれます。都市ガスの生活になれてると請求されたときに高すぎると感じるかもしれないので、全体の生活費を見直して慣れていかなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *