日常生活において色々な場面で熱源が必要です。

冬になれば室内の空気を暖かくする為に、エアコンやストーブなどを使います。これらには電気やガスや石油が熱を発する源として必要になります。この中で電気は室内の空気を汚すことがなくクリーンで入手も容易ですが最も使用料金が高いものです。石油は安価ですが入手が簡単ではなくまた室内の空気を最も汚しやすいのが欠点です。ガスはちょうど電気と石油の中間の特徴をもっています。

日常で使われるガスには、都市ガスとプロパンガスの2種類があります。都市ガスはメタンガスが主成分の天然ガスです。都市ガスの特徴は。プロパンガスに比べて火力は低いですが利用料金が安い事です。ただ、都市ガスを使う為には屋内までガス配管を引き込む必要がありその分設備投資が必要な事です。また、災害時において配管が断絶してガスが来なくなる事も欠点です。これに対しプロパンガスの特徴は利用料金は都市ガスに比べ割高にはなりますが火力が強いために中華料理などの火力が必要な料理店でよく使われます。

ボンベで供給されますので都市ガスに比べ入手は困難ですが、災害時にもしばらくは利用可能です。プロパンガス相場は、基本料金と従量料金に分かれています。具体的には、関東地区における基本料金は平均して1700円程度、従量料金は20立米で12000円程度となっています。このプロパンガス相場は、都市ガスの2~3倍程度ですが火力が強い事を考えるとそう大きなデメリットにはなりません。関西地区のプロパンガス相場は、それぞれについて少し高くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *