経済産業省の調査によると、プロパンガスは都市ガスに比べて全国平均1.8倍も高いそうです。

金額にしたらプロパンガスが月額13、000円としたら都市ガスは7、000円程度です。なぜこんなにも料金相場に差ができるのかですが、人件費と運送費が大きな理由になります。都市ガスは公営なので、地下にある導管からガスをひいています。初回工事に大きなコストがかかりますが、一度ひいてしまえばその後は自動的にガスが共有されます。それに対してプロパンガスは毎回作業員が自宅もしくはマンション・アパートに配送しなければなりません。

そのための人件費と運送費がかかるという仕組みです。相場に大きな差ができるもう1つの理由は、都市ガスが公共料金なのに対してプロパンガスは自由料金であるということです。民間の会社がそれぞれ自由に料金を設定しています。ガスの会社を自由に変えることができるということを知っている人はまだ少ないので、会社の言いなりになって高い料金を支払っているというケースもあります。

不当な値上げや値段設定には注意が必要です。しかし、少しずつですがガス会社と自由に契約できるということが広まっていますので、相場の差は縮まっていくのではないでしょうか。都市ガスとプロパンの変更は初期費用がかかるのでそれほど自由に行うことはできませんが、プロパン同士の変更なら比較的簡単です。相場と比べてガス料金が高いと感じたら乗り換えを検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *