加古川は神戸市から約38キロ西にある兵庫県の自治体(加古川市)です。

人口は約26万人で、山陽本線で大阪、神戸へ通勤する人々が住むベッドタウンとして発展して来ました。広々とした播州平野にすっぽり収まり、農地にも宅地にも恵まれた地域です。緑豊かな耕地、豊富な宅地及び戸建て物件、賑やかな商業施設があり、気候は温暖でものなりもよく、大変住みやすい土地です。加古川にはマンションも多数ありますが、戸建ても数多く、きれいに区画割りされた土地に家屋がまとまって建てられた、開発団地と呼ばれる住宅街が目に付きます。

開発団地は電気・ガス・水道の整備された分譲地で、駅からさほど離れていない、付近にスーパーマーケット等の商業施設がある、比較的便利な場所に存在することが多いです。戸建て物件を探すならば、このような開発団地の中がまず便利で見つけやすいです。郊外にも戸建てはありますが、農家であることが多く、一般的な売買に出されるケースは稀です。探すならば開発団地内が無難で扱いやすいです。

また、新築のために開発されている分譲地もあります。新しい土地や建物は気分の良いものですし、同じくらいの広さの土地または建物が販売されるので、住み始める人々の年収及び年代が近い場合が多く、お互い初対面同士なので、仲良くなれる可能性は大きいです。子供の成長を見守りつつ、親同士も親交を深めていくのも楽しみです。加古川は、中古・新築にかかわらず、戸建て物件の充電した都市です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *