コインランドリーというと一人暮らしの学生、サラリーマン・OLが利用するイメージがある人も多いと思います。

しかし、働く女性の増加や洗濯物を干せない高層マンションなどが増加とともに利用層が拡がってきました。そして、需要が拡大するにしたがって土地活用や独立開業の手段としてコインランドリーを検討する人も増えています。では、開業するには何にどのくらいの資金が必要なのでしょうか。コインランドリーを開業するには、土地と建物及び内装設備工事、洗濯機・乾燥機の機器が必要です。土地だけがある場合は建築費が必要になります。

賃貸物件で運営する場合は保証金として家賃の半年分から1年分が必要となります。また、内装や電気・ガス・水道工事など設備工事のために300万円から500万円は準備しておいたほうが良いでしょう。洗濯機・乾燥機は大型になると1台100万円から200万円になります。複数台の設置が必要となるので1000万円程度は必要となるでしょう。

ただし、洗濯機・乾燥機はリースを利用して初期投資を抑えることもできます。つまり、コインランドリーを開業するための総費用としては1500万円から2000万円程度の資金を用意しなければなりません。中古機器の利用や内装工事費などにお金をかけなければコストを削減することも可能ですが、集客面を考えれば清潔な店内と最新の設備は必要となるでしょう。資金が不足している場合は銀行・国民生活金融公庫からの借り入れの検討が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *